メンタルケア協会が派遣している精神対話士とは

メンタルケア協会では、精神対話士と呼ばれている人たちをいろいろな施設や自宅まで派遣しているのですが、そもそも精神対話士とはどのような資格であり、どのような仕事をするのに役立つ資格なのでしょうか。精神対話士とは、心のケアを行うための資格です。病院のように患者を待つのではなく、メンタルケア協会から派遣され、こちらから赴くアウトリーチという仕事をメインに行うための資格だと言えるでしょう。最近は知っての通りにストレス社会と言われており、このような状態が何年も続いているような状態なのです。人間関係に悩む人も激増していますし、移民の増加や生活苦の増加などで治安が悪化し、犯罪も急増中です。このような社会では、当然不満が募っていくでしょうし、毎日不安な生活をしている人も増えてしまうでしょう。さらに少子高齢化によって介護職や医療職の人が足りない状況になっています。昔に比べて精神的に弱い人間が多いというのも理由の1つでしょう。

このような背景から精神対話士という資格が誕生し、メンタルケア協会のような団体も誕生したと言えるでしょう。精神的な悩みや病気によって、実際の病気にかかってしまう人も存在しています。このような人たちを支え、会話によって精神面のケアを行っていく仕事をメンタルケア協会では行っているのですが、主な解決法は話し合いになります。話し合いでケアするというのは、とても大変なことだということは多くの人が理解しているでしょう。普通の人が精神的に参ってしまった人と相談をしても、解決するどころか火に油を注いでしまう結果になることもあります。だからこそメンタルケア協会が主催する講座を受講し、十分な知識を得ると同時に、実戦経験を積んで初めて精神対話士の資格を取得することができるのです。精神対話士の資格を取得するのに年齢制限はありません。そのため、10代の学生のうちに資格を取得する人もいれば、定年退職をしてから資格を取得する人もいるのです。精神対話士は体力的にそれほど大変ということはないので、定年退職をした人でも十分仕事を行うことが可能です。しかし、年金支給額の削減などにより、生活が大変だからという理由で資格を取得して、仕事をしている人も多くいます。

それでも定年退職した人は、今まで40年以上も社会人としての経験を積み、高度成長期やバブル期という景気がよくて働けば働くほど給料がたくさんもらえた時代も経験していれば、バブルが崩壊して貧困層が激増した時代の両方を経験しています。このような経験をしているからこそいろいろなアドバイスができると言えるでしょう。逆に景気の悪い時代しか知らない若い人であっても、実際にはストレス社会を乗り切っているので、若い力と最新の知識を駆使して心のケアに当たることができるのです。このように幅広い年代がいる仕事というのは、将来性が高いと言っても過言ではありません。だからこそメンタルケア協会では、年齢制限をしないで誰でも資格を取得して、仕事ができるようなシステムを取っているのです。学歴や職歴も全く関係ないので、大学院を卒業した人でも資格が取れますし、中学しか卒業していない人でも資格は取れます。かなり需要がある仕事になっているので、資格を取得すれば、メンタルケア協会と業務委託契約を結べるため、仕事に困るということはないでしょう。ただし、大変な仕事であることだけは、忘れてはいけません。

一般社団法人メンタルケア協会
http://www.mental-care.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. バザーなどで販売される食品、仕分けされたビーズなどの小物、試食品や試料、こうしたものに目が行く時、中…
  2. 2012年から新しいコンセプトでスタート   音楽系のイベントとして1990年4月から開催されていた…
  3. お茶が大好きで、毎日欠かさずにお茶を飲んでいる30代の既婚男性です。普段は栄養が摂れるカテキン入りの…

アーカイブ

ページ上部へ戻る